安い医療脱毛と安くはないエステ脱毛、ユーザーの満足度は

Posted by admin on 2017年1月17日 under 気になる満足度 | Comments are off for this article

満足度より先に、“安い医療脱毛と安くはないエステ脱毛”の謎を解明する必要があります。

昔は価格的には逆転していました。

その不思議がわかれば、満足度の高低に結びつく理由がわかります。

※エステ系の脱毛が高くなった理由。

最近では高かったはずの医療脱毛が安い価格を提示し始め、安さを売りにしていたエステ系の脱毛が安い価格から高い価格へと逆戻りするという、不思議な現象が起きています。

それには理由があります。

エステ系と医療脱毛の激しい客取り合戦の末、エステ系の脱毛は「総合エステ&総合サービス」を打ち出し、路線変更したからです。

エステではもともといろいろなサービスを提供し、脱毛はその一部でした。

言い換えればもとの状態に戻って、総合的なサービスコンテンツで売上げを伸ばしているということです。

※医療脱毛が安くなってしまった理由。

それにしても永久脱毛が特徴の1つで、医師による安心施術が売りだったはずの医療脱毛が、なぜ安い価格を打ち出し始めたのでしょうか。

それにも理由があります。

永久脱毛故にリピーターを増やすことがむずかしく、なかなかお得意様になってもらえないという実状があります。

そのため安い価格を提示して、どんどん新規の客を増やすしかない状況に追い込まれています。

今後の医療脱毛は、安いばかりではなく、脱毛以外のコンテンツを提供してリピーターを増やすしか生き残りの方策はないでしょう。

※ユーザーの満足度を脱毛だけに限って言えば医療脱毛が圧倒的です。

しかし女性のリラクゼーションとなると満足度は逆転します。

究極のところエステ系の脱毛は、女性のリラクゼーションや美容のコンテンツの1つとして満足度を獲得しています。

総合満足度です。

医療脱毛が安い価格だけではない第2の魅力を見つけるには少し時間が必要かもしれませんが、経営の安定には不可欠です。

Comments are closed.